ニュース

楽天、オープン戦で豪華継投 先発・涌井3回無失点、2番手・田中将4回2失点

無断転載禁止
楽天・涌井秀章 (C) Kyodo News
2021.03.06 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 1 東北楽天ゴールデンイーグルス
バンテリンドーム
○ 中日 2 - 1 楽天 ●
<オープン戦・バンテリンドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天は今季のオープン戦、黒星スタート。試合には敗れたが、開幕ローテーションの軸として期待される2投手が上々の仕上がりを見せた。

 日本ハムとの開幕戦登板が決定している先発の涌井は、初回から走者を背負う投球が続くも3回2安打無失点。2回に一死満塁のピンチを招くなど計3四球と制球に苦しんだが、要所で粘りゼロを並べた。

 4回からは開幕2戦目の登板が決まっている田中将が2番手として登板。4回は5番・高橋周、続く平田を連続三振斬り。5回は9番・根尾を二ゴロに仕留めるなど2イニング連続で3者凡退に斬った。6回もテンポ良く二死を奪ったが、4番・ビシエドに左中間突破の二塁打を許したあと、続く高橋に同点となる中前適時打を浴びた。代走・三好に二盗を許したあと、6番・平田には適時二塁打を右翼線へ。二死からの3連続被安打で1-2と逆転された。

 7回も四球と盗塁で無死二塁のピンチを招いたが、根尾と途中出場・武田を連続三振に退けるなど無失点。田中将は4回70球、3安打2失点、6奪三振1四球の内容で復帰後3度目となる実戦登板を終えた。

 攻撃陣は1点しか奪えなかったが、打撃好調の1番・辰己が2本の長打でチャンスメイク。1本目は左翼フェンス直撃の二塁打、2本目は左中間突破の二塁打と、いずれも逆方向へ力強い打球を飛ばした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西