ニュース 2021.03.09. 16:56

阪神が今季の“甲子園初戦”を勝利 西純は痛恨被弾5回4失点も打線奮起

無断転載禁止
阪神の西純矢 (C) Kyodo News
2021.03.09 13:00
阪神タイガース 6 終了 4 広島東洋カープ
甲子園
○ 阪神 6 - 4 広島 ●
<オープン戦・甲子園>

 阪神が2021年の“本拠地初戦”を白星で飾った。先発の西純矢が一時逆転を許す満塁弾を浴びたが、打線が繋がり逆転勝ち。注目のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明にも挨拶代わりの一本が飛び出した。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 初回、左翼線二塁打で出塁した1番・近本が内野ゴロの間に先制のホームを踏むと、二死走者なしから大山とサンズが連打で一二塁の好機を作り、6番・佐藤輝が“本拠地初安打”となる右前適時打。3回に一時逆転されるも、2点ビハインドの4回に9番・木浪の中前適時打に続いて、代打・板山が左前2点適時打を放ち逆転。5回にも梅野の二塁打でチャンスを迎え、相手バッテリーミスの間に6点目を挙げた。

 先発の西純は、2回まで走者を背負いながらゼロで切り抜けたものの、3回二死走者なしから安打と連続四球で満塁のピンチを招き、クロンに失投を仕留められ痛恨の左越え満塁被弾。それでも4回は下位打線を三者凡退に抑え、5回は二三塁のピンチでクリーンナップを3人斬り。一発を浴びたクロンも外角低めのスライダーで空三振に仕留めた。

 5イニングを投げて被安打6、与四球3、失点4と、ローテ入りへのアピールとしては物足りない数字が並んだが、開幕さながらの豪華メンバーが並ぶ広島打線を相手に5奪三振とポテンシャルも感じさせる投球。次回以降の登板にも注目が集まる。

 リリーフ陣は2番手の馬場が2イニングを2安打無失点に抑え、3番手・桑原も2四球で走者を背負いながら1回無失点。最終回は新加入の加治屋蓮がヒヤッとする大ファールもあったが三者凡退の好救援で締めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西