ニュース

中日、組み替えた上位打線が機能 5番に入った平田は先制3ラン含む全4出塁

無断転載禁止
中日・平田良介
2021.03.14 13:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 4 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 5 - 4 中日 ●
<オープン戦・神宮>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日はオープン戦4連敗となったが、10安打4得点はともにオープン戦に入り最多。組み替えた上位打線が一定の成果を見せた。

DAZNで練習試合&オープン戦も配信!
1カ月無料トライアルはこちら

 オープン戦ここまで全試合でスタメン2番だった京田を6番に下げ、上位は1番・大島、2番・阿部、3番・高橋周、4番・ビシエド、5番・平田の並び。初回、ヤクルト先発・奥川に対し大島、高橋周の安打などで二死一、二塁とし、平田がオープン戦1号となる右越え3ランを放った。

 4回は3番手・田口に対し、7番・根尾、8番・木下拓が連打。9番・三好は二ゴロ併殺に倒れ二死三塁となったが、大島が4点目となる中前適時打を放った。中日はメンバーが大幅に代わる7回までに、全10安打4得点を記録。平田は第4打席にも二塁への内野安打を放ち、先制3ランと2四球を含め全4打席出塁をマーク。大島、高橋周、ビシエドもそれぞれマルチ安打をマークした。

 6番に下がった京田にも奮起してほしいところだったが、3度の好機ですべて凡退するなど5打数無安打2三振。オープン戦打率は.133となった。

 昨季8年ぶりにAクラス入りするも、得点数は12球団ワースト。新外国人外野手・ガーバーの来日が遅れており、ここまで得点力アップの兆しは少ない。開幕まで残るオープン戦は5試合。現有戦力でベストな布陣を探る。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西