ニュース 2021.03.24. 01:00

誰もがうらやむ先発陣…充実の戦力で“特別な年”の戦いへ【シーズンプレビュー・楽天 編】

無断転載禁止
楽天の石井一久監督

石井一久新監督が頂点を目指す


 昨年は大きな補強を経て再び頂点獲りに挑むも、結果は前年を下回る4位。オフには三木肇監督を1年でファームの監督に戻し、GMを務めていた石井一久氏を「GM兼任監督」に任命して新たなスタートを切る。

 秋にはドラフトで目玉の左腕・早川隆久を4球団競合の末に獲得。さらにキャンプ前には田中将大がメジャーから電撃復帰と、今年も話題に事欠かなかっただけに、より一層結果が求められる戦いになる。震災から10年という特別な年、地元・東北に歓喜をもたらすことができるだろうか。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<



【楽天】観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<



誰もがうらやむ先発陣


 昨年最多勝に返り咲いた涌井秀章に、エースの則本昂大とベテランの岸孝之。実績十分の3本柱に、あの田中将大が帰ってくる。ゴールデンルーキー・早川隆久もキャンプからオープン戦と良いアピールを見せており、あっという間に5枚の投手の名前が挙がるというローテーションは他球団にない大きな強みであることは間違いない。

 一方、昨季の誤算はリリーフ陣。配置転換や戦力の放出もあって、最後まで勝利の方程式の組み立てに苦心。リーグ最多となる32度の逆転負けという結果からも、課題は明白だ。

 その点、超強力な先発ローテが完成したことで、松井裕樹をストッパーに戻すことができるというのは大きなプラス要素だろう。25歳の若さで通算141セーブを誇る実績十分の左腕。昨季は先発に挑戦するも安定感に欠いた投球が目立っただけに、本来の持ち場に戻っての復活が期待される。


得点力はさらに向上?


 昨季の総得点557はリーグ最多。つなぎ役として良い役割を見せた鈴木大地に、本塁打王・浅村栄斗のコンビネーションが光ったが、今年はさらなる得点力アップも期待できそうだ。

 このオープン戦で打撃開眼の兆しを見せているのが、3年目の辰己涼介。今年は新フォームへの取り組みが上手くハマり、オープン戦の打率は全体2位の.385。この好調ぶりをキープして切り込み隊長に定着していけば、脚も使えるだけに得点のチャンスはより増えていくことだろう。

 さらに、その辰己を最後の最後で抜いてオープン戦の首位打者に輝いたのが、今年で10年目になる島内宏明。つかみどころのない“意外性の男”という印象もあったが、この春は打率.400に1本塁打ながら9つの打点をマーク。このまま浅村の後ろで残った走者を掃除する役目を果たし、強力投手陣への援護が増えていけば、一気に上位争いも見えてくる。


東北楽天ゴールデンイーグルス

 監督・コーチ(一軍)


99 石井一久(監督)

89 真喜志康永(ヘッドコーチ)
81 金森栄治(打撃コーチ)
74 渡辺直人(打撃コーチ)
96 鉄平(打撃コーチ)
80 石井 貴(投手コーチ)
75 小山伸一郎(投手コーチ)
90 光山英和(バッテリー兼守備戦略コーチ)
95 奈良原浩(内野守備走塁コーチ)
76 岡田幸文(外野守備走塁コーチ)


 監督・コーチ(二軍)


88 三木 肇(監督)

93 後藤武敏(打撃コーチ)
98 今江敏晃(打撃コーチ)
91 久保裕也(投手コーチ)
92 館山昌平(投手コーチ)
82 星 孝典(バッテリーコーチ)
86 塩川達也(内野守備走塁コーチ)
85 牧田明久(外野守備走塁コーチ)
94 垣内哲也(育成打撃コーチ)
83 永井 怜(育成投手コーチ)
73 野村克則(育成捕手コーチ)
87 酒井忠晴(育成守備走塁コーチ)


 投 手


1 松井 裕樹
11 岸 孝之
13 森原康平
14 則本昂大
16 涌井秀章
17 塩見貴洋
18 田中将大
19 藤平尚真
20 安樂智大
21 早川隆久
22 牧田和久
23 弓削隼人
28 酒居知史
29 高田孝一
31 福井優也
32 アラン・ブセニッツ
39 引地秀一郎
40 内間拓馬
41 釜田佳直
43 宋 家豪
45 渡邊佑樹
47 藤井 聖
49 福森耀真
52 津留﨑大成
53 髙田萌生
56 鈴木翔天
57 瀧中瞭太
58 辛島 航
59 菅原 秀
60 石橋良太
61 佐藤智輝
62 西口直人
64 福山博之
68 寺岡寛治
69 内 星龍
71 アダム・コンリー
72 池田 駿

<育成>
016 森 雄大
017 王 彦程
135 清宮虎多朗
136 則本佳樹
138 小峯新陸
152 石田 駿


 捕 手


2 太田 光
44 足立祐一
55 田中貴也
65 堀内謙伍
67 下妻貴寛
70 石原 彪
78 水上 桂

<育成>
137 江川侑斗


 内野手


0 小深田 大翔
3 浅村 栄斗
5 茂木 栄五郎
6 藤田 一也
7 鈴木 大地
9 ブランドン・ディクソン
24 黒川史陽
30 横尾俊建
33 銀次
34 山﨑 剛
36 内田靖人
48 渡邊佳明
63 入江大樹
66 村林一輝

<育成>
008 吉持亮汰
140 山﨑真彰
141 澤野聖悠


 外野手


4 オコエ瑠偉
8 辰己涼介
12 ルスネイ・カスティーヨ
25 田中和基
27 岡島豪郎
35 島内宏明
38 岩見雅紀
46 下水流昂
50 武藤敦貴
51 小郷裕哉
54 和田 恋


楽天を観るなら『DAZN』がお得!


セ・パ11球団の主催試合を全てライブ配信!
(見逃し配信にも対応)

広島カープ主催試合に関しては配信されないため、
今季の交流戦の広島戦(3試合)は視聴不可となる。

それでも、DAZNならプロ野球だけでなく、
サッカーやテニスなどさまざまなスポーツを視聴でき、
料金は月額1,925円(税込)とコスパは抜群。
また、無料視聴期間は1カ月だが、加入してから1カ月のため、
月終わりに加入しても無料期間が短くなることがなくお得だ。



▼DAZNの基本スペック▼
基本料金:0円
月額料金:1,925円(税込)
視聴できるチャンネル数:無制限
無料視聴期間:1カ月
視聴環境に必要なもの:特になし
視聴できるデバイス:スマートフォンやパソコン、インターネットと接続したテレビなど。デバイスは6つまで登録可能。2デバイスなら同時視聴も可能



【DAZN】加入の詳細はコチラ



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西