ニュース 2021.03.24. 03:00

鳴りを潜めた暴力的な打棒…“山賊”は再び目覚めるか【シーズンプレビュー・西武 編】

無断転載禁止
西武・辻発彦監督

もう一度頂点、そして日本シリーズへ…


 2018年・2019年とリーグ2連覇を成し遂げながら、最高峰の舞台へと進むことはできず。昨季はリーグ3位に終わり、その間にライバル・ソフトバンクが日本一4連覇を達成。今年こそリベンジへ、就任5年目を迎える辻発彦監督の想いは強い。

 連覇を支えた強力打線が軒並み不振に苦しんだ中、昨季はブルペン陣の奮起が光った。森脇亮介は開幕を前に故障で離脱となってしまったものの、それでも8回・平良海馬と9回・増田達至のリレーは強力。リード・ギャレットもすでに来日して実戦でも投げることができており、あとはいかにリードして後半戦に持ち込むか。泣く子も黙る「山賊打線」の復調が逆襲のカギを握る。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<



【西武】観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<



小川に代わる左のリリーフエースへ


 ブルペン陣は先述した森脇のほか、貴重な左腕の小川龍也が手術明けのシーズンで復帰時期が不透明。そんな中、代役として佐野泰雄がアピールを続けている。

 和光高から平成国際大を経て、2014年のドラフト2位で西武に入団した7年目の左腕。昨季も8試合で防御率1.35と好投を見せていたが、左肩広背筋の肉離れで戦線離脱。不完全燃焼のシーズンとなり、今年にかける想いも強い。

 前後ともに駒不足ということで起用法にも注目が集まっていたが、オープン戦では6試合すべてリリーフ起用で4回と2/3を無失点。許した安打もわずか1本という安定した投球を見せた。今年こそ一軍でフル回転してもらいたい選手である。


今年も高いか「木村の壁」


 連覇中はレギュラーがほぼほぼ固定されていたため、なかなか新顔が出てこない近年の西武。特に外野のポジションで若き力の挑戦をはねのけ続けているのが、今年で15年目を迎える木村文紀である。

 地元の埼玉栄高から2006年の高校生ドラフト1巡目で西武に入団。当初は投手だったが、今ではすっかり野手としてイメージも定着。2019年にはレギュラーとして130試合に出場し、リーグ連覇にも貢献。昨季も90試合に出場している。

 チームでは昨季も鈴木将平や川越誠司、高木渉といった若い外野手がところどころで存在感を発揮したものの、いずれもレギュラー定着までは至らず。気が付けば、「総合力でライトは木村」という状態が長く続いているのだ。

 これまでは打力の物足りなさを指摘する声も度々聞こえたが、今季はキャンプからパワフルな打撃を披露しており、オープン戦も12試合の出場で打率.313と好調を維持。打者転向10年目のシーズン、さらなる飛躍の兆しすら感じさせている。今年も若手の挑戦を受けながら、「やっぱり木村が良いな」と周囲を納得させるようなパフォーマンスに期待したい。


埼玉西武ライオンズ

 監督・コーチ(一軍)


85 辻 発彦(監督)

83 馬場敏史(作戦兼守備・走塁コーチ)
74 西口文也(投手コーチ)
81 豊田 清(投手コーチ)
82 野田浩輔(バッテリーコーチ)
76 阿部真宏(打撃コーチ)
86 赤田将吾(打撃コーチ)
87 黒田哲史(内野守備・走塁コーチ)
79 小関竜也(外野守備・走塁コーチ)


 監督・コーチ(二軍)


77 松井稼頭央(監督)

92 清川栄治(投手総合コーチ)
70 佐藤友亮(外野守備・走塁コーチ)
90 杉山賢人(投手コーチ)
95 大石達也(投手コーチ)
84 秋元宏作(バッテリーコーチ)
88 上本達之(打撃コーチ)
91 高山 久(打撃コーチ)
75 鬼﨑裕司(内野守備・走塁コーチ)


 監督・コーチ(三軍)


71 田邊徳雄(統括コーチ)
93 青木勇人(投手コーチ)
80 嶋 重宣(野手コーチ)


 投 手


11 今井達也
12 渡邉勇太朗
13 髙橋光成
14 増田達至
15 宮川 哲
16 松坂大輔
17 松本 航
20 浜屋将太
21 十亀 剣
25 平井克典
26 佐々木健
27 内海哲也
28 森脇亮介
29 小川龍也
30 榎田大樹
33 リード・ギャレット
34 佐野泰雄
36 伊藤 翔
40 田村伊知郎
41 井上広輝
43 吉川光夫
44 與座海人
45 本田圭佑
47 松岡洸希
48 武隈祥太
50 中塚駿太
54 ザック・ニール
57 齊藤大将
59 大曲 錬
61 平良海馬
64 上間永遠
67 粟津凱士
98 マット・ダーモディ

<育成>
118 多和田真三郎
120 出井敏博
121 赤上優人
124 豆田泰志
125 東野 葵
126 大窪士夢
128 水上由伸


 捕 手


2 岡田雅利
10 森 友哉
37 柘植世那
38 牧野翔矢
62 駒月仁人
78 齊藤誠人

<育成>
127 中熊大智


 内野手


3 山川穂高
4 山野辺翔
5 外崎修汰
6 源田壮亮
8 渡部健人
22 コーリー・スパンジェンバーグ
31 佐藤龍世
32 山村崇嘉
39 呉 念庭
49 ブランドン
52 山田遥楓
56 川野涼多
60 中村剛也
63 綱島龍生
99 エルネスト・メヒア

<育成>
122 長谷川信哉


 外野手


1 栗山 巧
7 金子侑司
9 木村文紀
35 若林楽人
46 鈴木将平
51 西川愛也
53 愛斗
58 熊代聖人
65 戸川大輔
66 仲三河優太
68 岸潤一郎
72 川越誠司
73 高木 渉

<育成>
123 ジョセフ


西武を観るなら『DAZN』がお得!


セ・パ11球団の主催試合を全てライブ配信!
(見逃し配信も対応)

広島カープ主催試合に関しては放映されないため、
今季の交流戦の広島戦(3試合)は視聴不可。

それでも、DAZNならプロ野球だけでなく、
サッカーやテニスなどさまざまなスポーツを視聴でき、
料金は月額1,925円(税込)とコスパは抜群。
また、無料視聴期間は1カ月だが、加入してから1カ月のため、
月終わりに加入しても無料期間が短くなることがなくお得だ。



▼DAZNの基本スペック▼
基本料金:0円
月額料金:1,925円(税込)
視聴できるチャンネル数:無制限
無料視聴期間:1カ月
視聴環境に必要なもの:特になし
視聴できるデバイス:スマートフォンやパソコン、インターネットと接続したテレビなど。デバイスは6つまで登録可能。2デバイスなら同時視聴も可能



【DAZN】加入の詳細はコチラ



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西