ニュース 2021.03.27. 08:00

開幕戦で逆転負けを喫した広島の継投について谷繁氏「思い切って新人2人を使ってほしかった」

無断転載禁止

チームの雰囲気を変える継投を提言


 元中日で野球解説者の谷繁元信氏が、26日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に生出演。開幕戦で中日に逆転負けを喫した広島の継投について言及した。

 広島は初回に西川龍馬の2ランで先制し、2回には二死満塁から菊池涼介が2点タイムリーを放ち序盤で4点をリードを奪う。先発の大瀬良大地も7回まで中日打線を3安打無失点の好投で試合を有利に進めていた。

 しかし、8回に大瀬良が一死満塁のピンチを迎えると、阿部寿樹にタイムリーを浴びて2点差に。続く、一死2、3塁で大瀬良を継投した塹江敦哉は高橋周平をセカンドロゴに打ち取るもこの間に1点を失う。二死3塁の場面で佐々岡監督は塹江を降板させ、代わりにケムナ誠をマウンドへ。しかし、ケムナは次打者のビシエドに逆転となる2ランホームランを被弾。広島は8回の5失点が響き「6-7」で逆転負けを喫してしまった。

 番組に生出演した谷繁氏は、広島の8回の継投について「塹江の投入まではある程度そうかなと思いましたが、次の継投は開幕前に中継ぎに回ると言われていた新人の2人(森浦大輔、大道温貴)がくると思っていた」とコメント。「ケムナが悪いわけじゃないが、(開幕戦で)思い切って新人を使って雰囲気をガラッと変えることが、2年連続Bクラスだったチームを変えることにもつながるのでは」と指摘した。

 昨季の広島は、チーム防御率4.06(リーグ5位)の投手不振が、2年連続Bクラス低迷に直結しただけに、ブルペン陣の再建は今季もチーム浮沈のカギとなりそうだ。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西