ニュース 2021.03.28. 15:54

西武が3年ぶり開幕カード勝ち越し!オリ紅林プロ1号も山岡4失点で1敗目

無断転載禁止
西武の森友哉
2021.03.28 13:00
埼玉西武ライオンズ 5 終了 1 オリックス・バファローズ
メットライフ
◯ 西武 5 - 1 オリックス ●
<3回戦・メットライフ>

 西武が3シーズンぶりの開幕カード勝ち越し。前日は19歳の左腕・宮城大弥に抑え込まれたが、オリックスが誇るWエースに黒星をつけた。

 打線は初回、一死から源田壮亮が左二塁打で出塁すると、続く3番・森友哉が内角高めのストレートを「うまく打つことができました」とカチ上げるように右翼スタンドへ。開幕戦で山本由伸から一発を放っていた男が、この日は山岡泰輔を攻略して先制点をもたらした。

 投げては先発の平井克典が走者を背負いながらも3回まで粘りのゼロ行進。「序盤は自分自身のリズムに乗り切れなかったのですが、そこを何とか無失点で粘れたのが大きかったです」と、4回、5回は三者凡退。6回は一死から連打を浴びて得点圏に走者を背負ったが、太田椋を左飛、宗佑磨を一飛に抑えピンチ脱出。終わってみれば6回6安打無失点のクオリティースタートだった。

 すると6回のピンチを切り抜けた直後、山岡からなかなか追加点を奪えなかった打線が二死ながら二・三塁と好機をつくり、6番・中村剛也が中前適時打。勝負強いベテランの貴重な一打で突き放した。終盤3イニングはリード・ギャレット、平良海馬、増田達至の必勝リレーでリードを守りきり快勝。平井が今季初登板で1勝目を手にした。

 敗れたオリックスは先発の山岡泰輔が6回5安打4失点で1敗目。7回に紅林弘太郎がプロ初本塁打となる左中間本塁打を放つも、再三のチャンスであと一本が出ず。11シーズンぶりの開幕カード勝ち越しとはならなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西