ニュース 2021.03.30. 19:39

西武・ブランドンがプロ初安打の1号2ラン パ新人最速弾「伸びてくれ、と」

無断転載禁止
西武のルーキー・ブランドン
2021.03.30 18:30
北海道日本ハムファイターズ 4 終了 11 埼玉西武ライオンズ
札幌ドーム

大学時代に慣れ親しんだ北海道で一発!


 西武のドラフト6位・ブランドン内野手(22=東京農業大北海道オホーツク)が30日、日本ハム戦(札幌ドーム)の2回にプロ初安打となる1号2ランを放った。

 ブランドンは「8番・指名打者」でオリックスとの開幕戦(メットライフ)以来、2度目のスタメン出場。2点リードで迎えた2回、一死一塁で日本ハムの先発左腕・河野と対戦し、2ボール後の3球目を左翼席へ運んだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ブランドンは広報を通じ「打ったのはカットボールだと思います。伸びてくれ、という想いで打球を見ていました。あの場面はエンドランでしたし、とにかく打ちに行く、という気持ちでバットを振りました。ホームランになって良かったです。ここまでヒットも出ていなかったですが、ホームランを打って、これまでの悪い流れが全部吹っ切れたように思います」とコメント。大学時代に慣れ親しんだ北海道でメモリアルな一撃を放った。

 今季の新人では、阪神のドラフト1位・佐藤輝、ヤクルトの同4位・元山が開幕カードで初本塁打をマーク。パ・リーグの新人ではブランドンが最速弾となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西