ニュース 2021.04.02. 07:15

DeNAリリーフ陣がまた崩壊「若さ出た」齊藤明雄氏は配球指摘

無断転載禁止
DeNAの山本祐大(左)と鶴岡バッテリーコーチ(右)
2021.04.01 17:45
横浜DeNAベイスターズ 11 終了 11 東京ヤクルトスワローズ
横浜

7回に集中打浴び4失点…


 開幕から引き分けを挟んで4連敗と今季初勝利が遠いDeNA。ヤクルトを本拠地に迎えたカード3戦目も最大5点あったリードを守りきれず、11-11の引き分けに持ち込まれた。

 この日は先発の上茶谷大河が2回5安打3四球5失点でKOされたものの、3点ビハインドの2回にドラ2ルーキー・牧秀悟が満塁走者一掃の適時二塁打を放つなど、打者11人の猛攻で一挙7得点。4回にも7番・大和、代打・倉本寿彦の適時打で2点を追加し、一時は最大5点のリードを奪った。

 しかし4点差に詰め寄られた7回に投入した石田健大が誤算だった。イニング先頭の塩見泰隆に左安打で出塁を許すと、二死後の代打・荒木貴裕に四球で一・二塁とされ、代打・渡邉大樹に左翼線適時二塁打を浴び降板。なおも二死二・三塁のピンチで送り込んだ右腕・平田真吾も山崎晃大朗と中村悠平にいずれも初球を連続適時打とされ、この回だけで4安打4失点。またしてもリリーフ陣が崩れ、終盤の逃げ切りに失敗した。

 1日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の齊藤明雄氏は、平田が2者連続で初球を適時打とされたシーンについて「ボール球の使い方ができてないのかな。バッテリーの若さが出た」とDeNAバッテリーの攻め方を指摘。

 7回時点では一軍通算19試合目という4年目捕手・山本祐大がマスクを被っていたが、「(ベンチに)嶺井、戸柱といった経験あるベテランが残っているだけに、ボール球の使い方を考えて投げさせればよかったなと思う。マウンド上の平田もまずはボールから入るとか、バッターの様子を見てボールの使い方を考えて入るべきじゃなかったのかな」と、いずれも初球を痛打されたシーンを振り返った。

 逃げ切りを図る展開で“捕手交代”の可能性を問われたデーブ大久保氏も「それはもちろん経験あるベテランにやってもらったほうが良いですよね。何が良いって自分たちがやる投球がなんなのかってわかってるほうが安心ですよ」と扇の要の存在感の大きさを口にした。

 チームは開幕から2カード連続未勝利に終わったが、この日マスクを被った山本祐大はこれから一軍定着を目指そうという期待のホープ。逃げ切り失敗も成長の糧とすることができるか。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西