ニュース

7連敗の日本ハムが逃したチャンス「僕なら代打・杉谷」笘篠氏が采配指摘

無断転載禁止
日本ハム・杉谷

あと一本出れば…毎回走者も13残塁2得点


 札幌ドームで行われたカード3戦目は、2連勝中のソフトバンクが8回に3得点を奪い4-2で逆転勝ち。苦しい戦いが続く日本ハムは引き分けを挟んで7連敗となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 試合は連敗ストップを目指す日本ハムが毎回走者の攻勢ムード。右目付近の負傷でスタメンから外れた中田翔に代わって「7番・一塁」で起用された樋口龍之介が2回に先制適時打を放つと、同点で迎えた5回にも勝ち越し打。樋口と同期入団の先発・河野竜生も5回7安打1失点と粘りの投球で勝利投手の権利を持ってリリーフ陣に後を託した。

 しかし、8回に登板した4番手・宮西尚生が連打と四球で満塁のピンチを招くと、6番・デスパイネに中犠飛を打たれ同点。続く中村晃に詰まりながらも右前へ運ばれ決勝点を献上した。終わってみれば打線は毎回走者を出しながら13残塁2得点。あと一本が出ない歯がゆい展開で、掴みかけていた白星を逃した。

 8日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の笘篠賢治氏は「まだまだ本調子じゃない」というソフトバンク打線について「小さくなるんじゃなくて、自分の打てるボールを“しっかりと振る”。この原点ですよね。これを忘れないようにしっかり振ってるので、詰まってもヒットになるんですよね」と、“王者の強さ”が詰まった中村の決勝打の場面に言及。

 一方、光が見えない日本ハムについては「今日はなんといっても7回の追加点を取りたい場面ですよね」と、逆転される直前に迎えた7回一死二・三塁から7番・樋口が見三振、四球を挟んで9番・石井一成が邪飛に倒れ、好機を逸したシーンに注目した。

 「スクイズをしてでも何をしてでも点を取りたいという状況で、“代打”という策も全くとらないまま逆転負けを食らった。なかなか打線の状態が上がってこない状況で、誰を送ったら良いの?っていう時に、僕の案ではヒットも出てないですけど(相手投手の)左右関係なく杉谷拳士を送りこんでも良かったのかなと。やっぱり雰囲気を変えないとね」と無策に終わったベンチワークを指摘。球界きってのムードメーカーを“切り札”に上げた。

 電話出演した大矢明彦氏も「チャンスで見逃しは無いんじゃないの。その前にタイムリーを打っているとはいってもね…」と絶好機で樋口が見三振に倒れた場面に注目。「もう一本いこうっていう気持ちがほしかったなあ。やっぱりチームの力の差が出ちゃうよな」と嘆き節だった。

 日本ハムは開幕から本拠地8戦未勝利で借金「7」。まず一つ、ムードを変える白星が欲しい。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西