ニュース

オリックスが宗の劇的同点打でドロー!中嶋監督「あそこで勝たないと…」

無断転載禁止
オリックス・宗<撮影=北野正樹>
2021.04.11 13:00
オリックス・バファローズ 4 終了 4 北海道日本ハムファイターズ
京セラD大阪

劇的な一打にも…


 日本ハムに連敗中のオリックスは11日、開幕2連勝中の高卒2年目左腕・宮城大弥に連敗ストッパーを託し、7回2失点と奮闘したが、打線が奮わずビハインドを負った状態で降板。このまま3連敗かと思われたが、3点ビハインドで迎えた最終回に、二死一塁からの3連続長短打で同点とする。試合は引き分けに終わったが、最後まで喰らい付いたオリックスナインには場内から大きな拍手が送られた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 開幕3連勝を狙った宮城は「6回まで粘りながら投げられていただけに、7回のところは反省しなければいけないし、何とか抑えたかった」と、連続四球でピンチを作り、二死からの連打で逆転を許した場面を振り返って悔しさをにじませた。中島聡監督は、相手先発・加藤の好投を称え、「バテたところでしっかり捉えられたか、捉えきれなかったか、しっかり投げさせてしまった部分の差」と分析し、宮城を擁護した。

 一方、途中出場から9回に殊勲の同点打(適時三塁打)を放った宗は「追い込まれて、負けてる状況だったので、コンパクトに繋いでいこうと思いました」と語り、「若手の競走に勝って、しっかり自分の出せるものを出せたら」と今後を見据えた。

 中嶋監督も宗の一打に関しては「よく打ちました」と評価。しかし「最後の最後までいい感じで行けたけど、あそこで勝たないと乗っていけない」と述べ、勝ちきれないチームに厳しい言葉も投げかけた。最後は「負けたわけじゃないし、よく追いついたんですけど、やっぱり越さなきゃどうしようもないんで、やっていきます!」と力強い言葉で決意を口にした。


取材・文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西