ニュース

レイズ、エース右腕の快投で完封勝利 筒香は先発復帰も4打数無安打3三振

無断転載禁止
レンジャーズ戦に先発登板したレイズのタイラー・グラスノー
○ レイズ 1 - 0 レンジャーズ ●
<現地時間4月12日 トロピカーナ・フィールド>

 レイズの筒香嘉智外野手(29)が12日(日本時間13日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「1番・一塁」でスタメン出場したが、4打数無安打3三振に倒れた。レイズは完封勝利で勝率5割復帰。エース右腕のタイラー・グラスノー投手(27)が、8回途中14奪三振無失点の快投で今季初勝利を挙げた。

 筒香は2試合ぶりにスタメンに名を連ねたが、レンジャーズの先発右腕・ダニングの前に初回の第1打席は空振り三振。再び先頭だった3回の第2打席は中飛に倒れた。一死一塁だった5回の第3打席は、2番手左腕・ハーンと対戦し見逃し三振。7回の第4打席もハーンの前に空振り三振に倒れ、この日は4打数無安打3三振。打率は.161となった。

 レイズは計3安打と打線が沈黙したが、両軍無得点で迎えた7回、9番・アダメスが値千金の2号ソロを左翼席へ。先発登板したグラスノーは立ち上がりから圧巻の奪三振ショーを披露し、自己最多となる毎回の14奪三振をマーク。右腕は8回途中102球、2安打無失点、14奪三振1四球の快投で今季初勝利を手にし、1点リードの9回を締めた守護神・カスティーヨは3セーブ目を記録した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西