ニュース

江本氏、巨人リリーフ陣を評価「今後に向けて大きい」

無断転載禁止
巨人の中川皓太 (C) Kyodo News
2021.04.13 17:45
読売ジャイアンツ 2 終了 1 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 2 - 1 中日 ●
<4回戦・東京ドーム>

 巨人は中川皓太、デラロサが好リリーフを見せた。

 7回1/3を投げ0安打1失点と好投していた先発・サンチェスの後を受けて、2番手として中川皓太が登板。その中川は井領雅貴に、この日チーム初安打を許したが、大島洋平を148キロのストレートで見逃し三振、代打・福留孝介を147キロの空振り三振に打ち取った。

 2-1の9回は守護神・デラロサが危なげなく、打者3人を11球で仕留め、試合が終了した。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「中川、デラロサという1点勝負で形を作ったというのは、ジャイアンツにとって今後に向けて大きいのではないでしょうか」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM