ニュース

阪神が20勝一番乗り!金村氏はスタートダッシュを支えた鉄壁リリーフ陣を讃える「JFKを見ているような…」

無断転載禁止
首位を快走する阪神 (C) Kyodo News

12球団で唯一引き分けなし


 阪神が4月最終日を白星締め。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 両リーグ最速でシーズン20勝目を挙げ、最初の1カ月は20勝9敗0分という堂々の成績。勝率.690とスタートダッシュに成功した。




 この日もガッチリと投打が噛み合った進撃の猛虎。

 打線が制球に苦しむ九里亜蓮の立ち上がりを攻めて初回・2回と1点ずつ挙げると、先発した秋山拓巳は“鯉キラー”ぶりを発揮して7回まで無失点。

 8回一死からケビン・クロンに一発を浴び、さらに連打で一死二・三塁とされたところで降板となったが、代わった岩崎優がこのピンチを犠飛による1点だけに抑えてピンチ脱出。9回は守護神のロベルト・スアレスが締めて逃げ切った。



 先発が好投を見せ、打線が援護点をもたらし、継投でリードを守り抜く…。まさに今季の好調ぶりを凝縮したような勝利で20勝一番乗り。

 好調・阪神の強さについて、30日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の金村義明氏は「鉄壁のリリーフ陣」をポイントに挙げる。

 この日も4-1となった8回、先発・秋山が一死二・三塁のピンチを作るも、岩崎がベンチの期待に応える好リリーフ。金村氏は「岩崎、スアレスというね。まるで昔のJFKを見ているような、そんな感じがしましたよね」と、伝説のリリーフ陣に匹敵する安心感を絶賛。

 つづけて、「タイガースは今12球団で唯一引き分けがないんですよね。逃げ切れているということは、投手陣の強さかなと思いますね」と語り、9回打ち切りの特別ルールながら引き分けなしで勝ちきることができているのは、強力なリリーフ陣の存在があってこそなのだと強調した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西