ニュース 2021.05.08. 13:48

大谷翔平、左へ右へ2本の適時二塁打 2戦連続マルチで連敗ストップに貢献

無断転載禁止
6回の第4打席に右翼フェンス直撃の適時二塁打を放つ大谷翔平
○ エンゼルス 9 - 2 ドジャース ●
<現地時間5月7日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が7日(日本時間8日)、本拠地でのドジャース戦に「2番・指名打者」で先発出場し5打数2安打2打点をマーク。チームは13安打で9点を奪い、連敗を「5」で止めた。

 大谷は初回、一死一塁の場面でドジャースの先発左腕・ウリアスと対戦。2球目追い込まれると、最後は高めボールゾーンの直球に手を出し3球三振に倒れた。2回の第2打席は二死一塁の場面で中飛。それでも3点リードの5回、一死一塁の場面で94.5マイル(約152キロ)の高め直球を左翼後方へ弾き返し、これが5点目となる適時二塁打となった。

 6点リードの6回は二死二塁の好機で2番手右腕・ケリーと対戦し、今度は右越えの適時二塁打で2打席連続打点をマーク。追い込まれたあとの外角チェンジアップに泳がされたが、打球はグングン伸び右翼フェンスを直撃した。

 前日6日(日本時間7日)のレイズ戦でメジャートップに並ぶ10号2ランを放ち、出場28試合で2ケタ本塁打に到達。この日は2打席連続長打を放ち、2試合連続、今季10度目のマルチ安打をマークした。9回の第5打席は遊飛に倒れたが、5打数2安打2打点と活躍。打率は.278となった。

 エンゼルスは今季4勝0敗だったウリアスに対し、1点を追う4回に一挙4得点。4番・アップトンの6号ソロ、7番・ウォードの1号ソロ、1番・フレッチャーは中前2点適時打と、右打者が攻略の突破口を切り拓いた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西