ニュース 2021.05.11. 21:44

中日、逃げ切り失敗で5度目の引き分け 甲子園で2ラン2本も3点リード守れず

無断転載禁止
中日・与田監督
2021.05.11 18:00
阪神タイガース 4 終了 4 中日ドラゴンズ
甲子園
阪神 4 - 4 中日
<7回戦・甲子園>

 中日は今季5度目の引き分け。2本の2ラン本塁打で一時3点リードを奪ったが、首位を走る阪神に追いつかれた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日は1点を追う2回、5番・高橋周が1号2ランをバックスクリーンへ運び逆転。4回は6番・木下拓が3号2ランを左翼席へ運び、阪神先発・西勇から4点を奪った。

 先発の小笠原は3回まで最少失点で凌いでいたが、4回に四球と右翼・ガーバーの拙い守備(記録は二塁打)で無死二、三塁のピンチを招き、内野ゴロと適時打で2失点。左腕は6回3失点で降板した。1点リードの7回は2番手の祖父江が二死から走者を許し、打者・糸原の場面で左腕の福にスイッチ。しかし、代走・熊谷に二盗を決められ得点圏に走者を背負ったあと、糸原に同点となる右前適時打を浴びた。

 8回以降は又吉、R.マルティネスがゼロを並べたが、打線は7回以降ノーヒット。昨季1勝11敗と大きく負け越した甲子園で、勝ち切ることができなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西