ニュース 2021.06.04. 21:24

ヤクルト・石川が5回1失点完投で20年連続白星!打線も先発野手全員安打で援護

無断転載禁止
ヤクルト・石川雅規 (C)Kyodo News
2021.06.04 17:30
東京ヤクルトスワローズ 10 終了 1 埼玉西武ライオンズ
神宮

 史上初!大卒1年目から20年連続勝利


 ヤクルトの石川雅規投手(41)が4日の西武戦に先発登板し、5回59球1失点という内容で今季初勝利。大卒投手としては史上初めて入団1年目から20年連続での白星となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<
 
 初回を三者凡退で立ち上がると、2回には二死からヒットを打たれたが、出塁した愛斗を牽制でアウトにするなど、落ち着いたマウンド捌きを披露。3回に先頭のコーリー・スパンジェンバーグにソロを許したが、味方打線の大量援護も受けながら5回を59球、無四球の3安打と西武打線を翻弄した。

 石川に白星をつけるべく、打線も初回から躍動。今季無敗を誇っていた西武の先発・髙橋光成の立ち上がりを攻め、1番・塩見泰隆と2番・青木宣親の連打でチャンスメイクし、相手バッテリーのミスに乗じて先手を奪った。

 初回は追加点を奪いきれなかったが、2回には中村悠平から打者一巡の猛攻。山田哲人の3ランなどで5点を奪い、一気に試合を決めた。3回には青木宣親と村上宗隆にも一発が飛び出し、3回の時点で先発野手全員安打で10得点を記録。髙橋に3回で102球を投げさせた。

 結局、5回裏無死一、二塁という状況で雨が激しくなり、中断を経てそのまま降雨コールドで決着。石川は5回完投で通算174勝目を手にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西