ニュース 2021.06.06. 08:14

中日・梅津が5四死球の大乱調…谷繁氏「あの一球でおかしくなった」

無断転載禁止
中日・梅津晃大

自己最短の3回途中KO


 中日の梅津晃大がオリックス戦に先発したが制球が定まらず3回途中で降板となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 梅津は初回、先頭・福田周平への初球が死球。続く若月健矢にはストライクが入らずストレートの四球を与える。無死1、2塁で吉田正尚は一ゴロ、杉本裕太郎は三ゴロ併殺打に打ち取り無失点でしのいだが、2回も先頭の宗佑磨に四球を与えるなど制球は定まらず。3回には投手の田嶋大樹 、福田に連続四球で無死1、2塁とピンチを招くと交代を告げられた。梅津はノーヒット無失点ながら5四死球、自己最短となる2回0/3で降板。

 5日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説の谷繁元信さんは梅津について「立ち上がりでとんでもないところに投げてデッドボールになり、あの一球でおかしくなってそれを最後まで修正できなかった」と初回の先頭打者への初球が死球となったことが乱調の要因と指摘し、「チームとしては3点先制したので梅津になんとか勝ちをつけたいという思いもあったのだが、チームの勝利というものを優先した」と3回途中で交代させたベンチの決断を支持した。また、「梅津が勝てばドラゴンズの先発陣がかなり良い形になる」と次回の登板への期待を込めた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西