ニュース 2021.06.06. 18:10

広島、本拠地3連敗で借金8…交流戦首位浮上のDeNAが2.5差に接近

無断転載禁止
4回、楽天・茂木(奥)に中越え適時二塁打を許した広島先発・高橋昂=マツダ (C)Kyodo News
2021.06.06 13:30
広島東洋カープ 4 終了 6 東北楽天ゴールデンイーグルス
マツダスタジアム
● 広島 4 - 6 楽天 ○
<3回戦・マツダスタジアム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 広島は本拠地3連敗で借金は今季ワーストを更新する「8」。セ・リーグ最下位ながら交流戦首位浮上と勢いづくDeNAに2.5ゲーム差に迫られた。

 広島は今季5度目の先発だった高橋昂が、4回6安打3失点で降板。打線は3点を追う6回、6番・林の右前適時打、続くクロンの左前適時打で1点差に迫ったが、直後の7回表、4番手の中田が2点を失い再び3点ビハインドとなった。

 8回表は5番手・菊池保が1点を失い、楽天との3連戦はいずれも終盤に手痛い失点。その裏、クロンの適時二塁打などで再び2点差に迫ったが、9回は相手守護神・松井に封じられ、本拠地で同一カード3連敗を喫した。

 打線は林とクロンが猛打賞を記録するなど計13安打をマークしたが、この日、一軍に復帰した3番・鈴木誠は5打数無安打。投打とも嚙み合わず、4回6安打3失点の先発・高橋昂は2敗目(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西