ニュース 2021.06.18. 20:54

ヤクルト、4連勝で単独2位浮上 石川6回2失点で3勝目、村上&オスナ弾で援護

無断転載禁止
ヤクルト・石川雅規 (C)Kyodo News
2021.06.18 17:30
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 2 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 5 - 2 中日 ●
<9回戦・神宮>

 リーグ再開初戦を制したヤクルトは、交流戦3連勝締めに続き4連勝。貯金は今季最多の「7」となり、阪神に敗れた巨人と入れ替わりセ・リーグ単独2位に浮上した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは初回、4番・村上が先制2ランを右中間席へ。東京五輪に臨む野球日本代表「侍ジャパン」に野手最年少で選ばれた若き大砲は、両リーグ最多を更新する21本塁打目をマークした。同点で迎えた6回は、5番・オスナが4号3ランを左翼席へ。新助っ人が自慢のパワーを披露し5-2と再びリードを奪った。

 先発の石川は2回パーフェクトの好発進。3回と4回にソロ本塁打を浴び同点に追いつかれたが、6回5安打2失点と試合を作りオスナの3ランで勝利投手の権利を得た。

 3点リードの7回以降は、今野、清水、マクガフが1イニングずつパーフェクト救援。石川は通算176勝目となる今季3勝目(1敗)を挙げ、マクガフは12セーブ目(2勝1敗)をマークした。

 中日はリーグ再開初戦を落とし今季5度目の3連敗。ロッテからトレード加入した加藤翔平が移籍後初打席初アーチを放ったが、快挙を勝利で飾ることはできなかった。先発の柳は手痛い2本塁打を浴び6回途中5失点。今季3敗目(5勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西