ニュース 2021.06.19. 07:25

オリックスが7連勝で首位に1差!片岡氏が流れを呼び込むラオウの一撃を評価

無断転載禁止
オリックス・杉本裕太郎
2021.06.18 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 2 終了 5 オリックス・バファローズ
楽天生命パーク

涌井のリズムを崩す一発に


 オリックスの勢いが止まらない。リーグ首位の楽天を直接叩き、2度目の優勝を成し遂げた交流戦から1分けを挟み7連勝。貯金は今季最多の「4」となり、単独2位に浮上すると同時に楽天にも1ゲーム差に接近した。

 初回は楽天の先発・涌井秀章の前にわずか9球で三者凡退に倒れたが、2回の先頭・杉本裕太郎が先制ソロを放つと、3回には一死後、1番・福田周平が四球を選び、盗塁で二塁を陥れると、2番・宗佑磨が9球粘ってレフト前へ適時打を放った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その後、二死一塁から4番・杉本の二塁打で宗が長駆生還。さらに5番・モヤがアウトコースの変化球を右中間スタンドに放り込み、一気に涌井を攻略した。投げてはエース・山本由伸が粘りの投球で6回2失点と試合を作り、澤田圭佑、ヒギンス、平野佳寿の継投で逃げ切った。

 18日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でこの一戦を解説した片岡さんは「4番打者のホームランがチームに活気を呼び込んだ。このホームラン1本で涌井のリズムを崩した」と、チームに“イケる”という雰囲気を作り出した杉本の一発を評価。

 さらに「各打者が非常に粘る。そして足を絡めて得点するという、非常に勢いのつく攻撃パターンが交流戦から目につく。そして走者を溜めてクリーンナップの長打で得点する理想的な展開」と続け、1番・福田から宗、吉田正尚、杉本、モヤと続く上位打線のつながりに注目した。

 猛牛打線の勢いはどこまで続くのか、まずは明日、田中将大相手にどのような攻撃を見せるのか、宮城大弥のピッチングと共に注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西