ニュース 2021.06.20. 17:06

楽天、5連敗でオリックスに並ばれる…宮城に2戦2敗、16イニング連続無得点

無断転載禁止
楽天・石井一久監督
2021.06.20 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 0 終了 3 オリックス・バファローズ
楽天生命パーク
● 楽天 0 - 3 オリックス ○
<10回戦・楽天生命パーク>

 楽天は2年ぶりの5連敗。交流戦優勝後も勢いが衰えないオリックスに同率首位に並ばれた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天打線はオリックス先発・宮城の前にまたも打線が沈黙。2年目左腕の前に7回まで二塁すら踏めず、3点を追う8回にようやく二死一、二塁の好機を作ったが、2番・鈴木大が二ゴロに倒れた。9回は抑えの平野に完璧に封じられ、三塁すら踏めず今季3度目の完封負け。長打は1本もなく散発の5安打に抑え込まれた。

 宮城とともに新人王候補に挙がる早川は、再三ピンチは作りながらも5回まで無失点。しかし6回、先頭打者への四球から一死二、三塁のピンチを招き、6番・モヤ、7番・ロメロに連続適時打を浴びるなど一気に3点を失った。6回8安打3失点と試合は作ったものの、打線の援護なく3敗目(7勝)。自身の連勝は「6」で止まった。

 楽天の今季の完封負けは、4月4日のオリックス戦(楽天生命パーク)、同11日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)、そして今回とすべて早川の登板試合。4月4日のオリックス戦でも宮城に8回2安打無失点の快投を許しており、19歳左腕との対戦は2戦2敗で16イニング連続無得点となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西