ニュース 2021.07.04. 08:14

阪神・中野のスーパープレーに解説陣一同が大絶賛「なかなかこの判断はできない」

無断転載禁止
阪神・中野拓夢 (C) Kyodo News

失点を阻止するスーパープレー


 3日に行われた広島対阪神の一戦。試合は0-5で阪神が勝利したが、阪神ドラフト6位・中野拓夢のスーパープレーが大きな話題となった。

 1点リードの5回、無死1、3塁の場面。広島の野間峻祥の二遊間への痛烈なゴロをさばくと、2塁ベースを踏んでから1塁ではなく本塁へ送球。3塁走者・坂倉将吾の生還を阻止して併殺を完成させた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 3日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で「PLAY OF THE DAY」に選出された中野の機転の利いた好プレーについて解説を務めた真中満さんは「普通ならセカンドベースを踏んでファーストでダブルプレーのケースなんですけど、ここで(中野は)3塁ランナーが頭に入っていて、そのランナーのリードを見ながらホームに投げた。これは超ファインプレーですよ。(プロでも)なかなかこの判断はできない」とコメント。

 同じく解説を務めた江本孟紀さんも「ピッチャーからしたら助かりますよね。あの判断がすごく難しいところでホームに投げたというのは野球センスなんでしょうね」とショートのレギュラーとして定着しているルーキーを称賛した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西