ニュース 2021.07.14. 09:00

江本氏、巨人・松原はチャンスを「掴んだ一人」

無断転載禁止
巨人の松原聖弥(C) Kyodo News
 13 日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、1番を打つ巨人・松原聖弥について言及した。

 『1番・右翼』でスタメン出場した松原は、初回の第1打席に二塁打を放つと、6回の第3打席は内野安打でマルチ安打を達成。さらに8回の第4打席は四球を選んだ。

 江本氏は「松原を固定して、私は小技がきかないバッターだと思っていたんですけど、打率.274で4番打者より良いんですよ。こうやってジャイアンツのなかでも(チャンスを)掴んだ一人ですよね」と評価。

 江本氏は、松原が四球を選んだ後には「なんでもかんでも打つんじゃなくて、ボール球をしっかり見て、1番打者として歩くことも大事」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM