ニュース 2021.07.14. 21:36

楽天、鷹に連勝し首位オリと1.5差の2位ターン 岸4勝目、島内12号含む2打点

無断転載禁止
楽天・岸孝之
2021.07.14 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 4 東北楽天ゴールデンイーグルス
PayPayドーム

● ソフトバンク 2 - 4 楽天 ○
<14回戦・PayPayドーム>

 逃げ切った楽天は2連勝。ソフトバンクとの前半戦ラストカードを2勝1敗で勝ち越し、首位・オリックスと1.5ゲーム差での2位で前半戦を折り返した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 打線は初回、4番・島内、5番・岡島の連続適時打などで3点を先制。3回は島内が12号ソロを右翼席へ運び4-0とリードを広げた。

 援護を受けた先発の岸は4回まで無失点。5回に8番・松田に右越え2ランを浴びたが、6回5安打2失点の好投で4勝目(6敗)を挙げた。2点リードの7回以降は安樂、酒居、松井が無失点リレー。酒居は一死満塁のピンチを連続三振で切り抜け、パーフェクト救援の松井は23セーブ目(2敗)をマークした。

 楽天は前半戦41勝36敗11分けの2位でフィニッシュ。投手陣は則本昂、田中将ら実績豊富な先発陣が牽引し、抑えの松井はリーグトップの23セーブで前半戦を終えた。打撃陣は新外国人の出遅れもあり迫力不足を露呈。その中で岡島が攻守に渡って復活をアピールし、パ・リーグ打率ランキングでは1位のオリックス・吉田正に次ぐ.335のハイアベレージを残した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西