ニュース 2021.07.14. 21:05

広島が竜3タテ今季初の4連勝!森下が8回0封で柳との明大対決制す

無断転載禁止
広島の森下暢仁 (C) Kyodo News
2021.07.14 18:00
広島東洋カープ 2 終了 0 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
○ 広島 2 - 0 中日 ●
<14回戦・マツダスタジアム>

 広島が息詰まる投手戦を制し今季初の4連勝。中日をホームで3タテし、4位と1ゲーム差の借金12でシーズンを折り返すことになった。

 森下暢仁と柳裕也の明治大OB同士の投げ合いとなった一戦は、立ち上がりから両投手が好投。広島打線は3回までノーヒットに抑え込まれるなど、重苦しい立ち上がりだった。

 それでも4回、一死無走者から3番・小園海斗が初球の143キロを振り抜くと、これが右中間席へ飛び込む今季1号ソロに。チーム初安打かつ自身2年ぶりの一発が、結果的に試合を決める決勝打となった。8回には小園と同期入団の6番・林晃汰が適時打で追撃。若鯉の活躍で貴重な追加点をあげた。

 投げては先発の森下が緩急を自在に要所を締めゲームメイク。先輩の柳を上回る8イニングを5安打1四球5三振、108球で投げぬく快投で、2点差の9回は不動の守護神・栗林良吏が3人斬り。若き右腕の完封リレーで、森下が今季6勝目、栗林が18セーブ目を手にした。

 試合後のヒーローインタビューでは、久々の一発となった小園が「気持ちよかったです」と笑顔。侍ジャパンにも選出されている森下は「日本の代表として金メダルを取れるように頑張っていきたいと思います」と力を込めた。

 広島は81試合を終えて30勝42敗10分の借金12でオールスターブレークへ突入したが、4連勝で前半戦を締めくくる好ムード。若鯉の台頭など収穫もあり、後半戦の巻き返しへ期待が高まる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西