ニュース 2021.07.23. 12:18

大谷翔平、マエケンとの日本人対決も不発 球宴後は打率.167、14三振と低迷続く

無断転載禁止
22日、ツインズ戦に先発した大谷翔平
● ツインズ 2 - 3 エンゼルス ○
<現地7月22日 ターゲット・フィールド>

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は22日(日本時間23日)、敵地でのツインズ戦に「2番・指名打者」で先発。4打数0安打3三振に終わり、今季の打率を「.271」に落とした。

 この日は前田健太投手(33)と3度対戦。初回の第1打席はチェンジアップが2球続いた後、カウント2-2から外角の90.2マイル(約145キロ)に空を切り空三振。4回先頭の第2打席は低めのチェンジアップでニゴロに打ち取られ、5回の第3打席は低めのチェンジアップに手が出て空三振に倒れた。

 日本人対決で完全に抑え込まれた大谷は、相手投手が左腕・コローンに代わった8回の第4打席も内角高めの速球に空三振に終わり2試合連続の3三振ノーヒット。

 オールスター後の6試合は24打数4安打で打率.167、1本塁打14三振と低迷が続いている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西