ニュース 2021.07.28. 14:34

大谷翔平、特大36号2ランで本塁打&打点の2冠視野 エ軍は大敗で連勝止まる

無断転載禁止
5回に超特大の36号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平
● エンゼルス 3 - 12 ロッキーズ ○
<現地時間7月27日 エンゼルス・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が27日(日本時間28日)、本拠地でのロッキーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席にメジャー全体トップを独走する特大の36号2ランを放った。しかし、チームは大敗。連勝は「3」で止まり勝率5割に逆戻りとなった。

 大谷はロッキーズの先発左腕・ゴンバーに対し、無死一塁だった初回の第1打席は一直。2球目のスライダーを捉えたが、痛烈なライナーは一塁手の正面だった。5点を追う3回の第2打席は無死一、二塁の好機で空振り三振。カウント2-2後のスライダーにバットは空を切った。

 それでも10点を追う5回、二死三塁の好機でカウント1-2後のスライダーを強振。完璧に捉えた打球は右中間席中段に着弾する飛距離463フィート(約141メートル)の特大36号2ランとなった。これで32本塁打のゲレロJr.(ブルージェイズ)と4本差とし本塁打ランキングを独走。3試合連続打点で打点数も「78」に伸ばし、81打点でトップのディバース(レッドソックス)に3差に迫った。

 7回の第4打席は一死一、三塁の好機で四球。9回の第5打席も無死一、二塁の好機だったが4番手左腕・ロスカップの前に空振り三振に倒れた。この日は4打数1安打2打点、1四球2三振の成績。打率は.276となった。

 エンゼルスは初回から守備のミスが続き、先発のスアレスは4回途中8失点(自責点4)で4敗目(4勝)。救援陣も失点を重ね6回までに12点を失った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西