ニュース 2021.08.07. 23:35

東京五輪MVPは侍ジャパン山田哲人 準決勝V打など打率.350、7打点、3盗塁

無断転載禁止
金メダルを手にポーズをとる山田哲人(左)と村上宗隆(右)
東京五輪・決勝戦
○ 日本 2 - 0 アメリカ ●
<8月7日 横浜スタジアム>

 東京オリンピック(五輪)野球の決勝戦が7日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表・侍ジャパンがアメリカを下し金メダルを獲得した。

 WBSC(世界野球ソフトボール連盟)は試合後、大会MVPに侍ジャパンの山田哲人が選出されたと発表した。

 山田は侍ジャパンの全5試合に1番打者として先発出場し、5試合で打率.350(20-7)、1本塁打、単独トップの3盗塁をマーク。

 決勝戦でも4打数2安打と快音を響かせ、8回にはチーム2点目となる貴重なホームに滑り込んだ。

 準決勝の韓国戦では満塁走者一掃の3点適時二塁打を放つなど勝負強さも光り、大会通算5試合で7打点・3得点と得点に絡む活躍が目立った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西