ニュース 2021.08.14. 20:44

楽天、4連勝で首位オリと0.5差 初回に三重殺の失態も、2回以降3発含む7得点

無断転載禁止
2021.08.14 17:00
埼玉西武ライオンズ 6 終了 7 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ
● 西武 6 - 7 楽天 ○
<14回戦・メットライフ>

 楽天は前半戦からの4連勝。貯金を7とし、ロッテに敗れた首位・オリックスとのゲーム差を0.5に縮めた。

 楽天は初回、連続四死球で無死一、二塁の好機を作るも、3番・浅村の右飛で飛び出した一走・小深田、二走・鈴木大がいずれも帰塁できず痛恨のトリプルプレー。拙攻で西武先発・今井を助ける形になったが、2回に7番・オコエが、前日に続く先制適時打を中前へ運んだ。

 3回以降は9番・辰己、4番・島内、6番・茂木と、3選手がソロ本塁打を放ち4-2とリード。その後、再び同点に追いつかれたが、7回は鈴木大の中犠飛で決勝点となる5点目を奪い、さらに西武・増田の暴投により労ぜず6点目を奪った。8回は5番・岡島の中越え適時二塁打で7点目。2回以降は長打を絡めながら効率良く加点した。

 先発の瀧中は4回70球、7安打2失点の内容で降板。2点リードの5回は2番手・福井に託したが、3連続四球でピンチを招き、6番・山川に同点となる2点適時二塁打を許した。3点リードの8回にも宋家豪が2点を失ったが、1点リードの9回は守護神・松井が24セーブ目(2敗)締め。3番手の酒居が3勝目(1敗)をマークした。


【PR】東北楽天ゴールデンイーグルスを観戦するなら「DAZN Baseball」

今江敏晃新監督のもと、11年ぶりの日本一を目指す楽天。則本昂大のクローザー転向や浅村栄斗のサードへのコンバートなど、チーム改革が功を奏するか。

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成