ニュース 2021.08.15. 07:14

切れると思ったら…中日・堂上の珍プレー、高木豊氏は「感覚でファウルだなと思って…」

無断転載禁止
中日の堂上直倫

打球を見ずに打席にステイ


 1カ月の中断期間を挟み、後半戦の逆襲を期す中日。

 しかし、後半戦開幕カードは巨人に連敗を喫して早くも負け越しが確定…。借金は今季ワーストの「12」まで膨らんでいる。




 1-6で敗れた14日の試合では、こんなシーンもあった。

 5点を追う9回表、先頭打者として打席に立った堂上直倫は2ボール・1ストライクからの甘く入った速球を思い切り引っ張り、打球はレフトライン際への大飛球。打球はフェアゾーンでフェンスに当たって跳ね返るも、なんと堂上はまだバッターボックスにいた。

 慌てて走り出すも、長打コースへの当たりで一塁ストップ。まさかの珍プレーで反撃ムードを生むことはできなかった。



 14日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でも、このワンプレーが話題に。

 大矢明彦氏は「打球を見失っていたんですかね。自分でファウルと判断してしまったんでしょうけど…」とコメント。

 一方、高木豊氏は「走らないといけないんですけど、打者は打った瞬間にどこに当たったかって分かるじゃないですか。その感覚でファウルだなと思って、打球は見ていなかったと思う」と、原因について分析した。


 高木氏はつづけて、「こういったミスが重なってしまうと、すごく怠慢と言うか…。そういう風に見えてしまいますよね」と、同じ連敗でもさらに空気が重苦しくなってくることを指摘。

 早いうちに嫌な流れを打破したいところだが、果たして…。15日は連敗ストップをかけて小笠原慎之介が先発マウンドに登る。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』



【PR】中日ドラゴンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

立浪和義監督3年目の中日は中田翔を主砲に迎え打力を強化。大野雄大や小笠原慎之介ら実績のある先発陣を打線が援護できるかが下剋上のカギ!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成