ニュース 2021.08.15. 08:14

西武が3年ぶりのトリプルプレー 高木氏「あれだけ気持ちよく間違えると…」

無断転載禁止
ポイントは二塁走者の小深田にあり…?
 西武が楽天戦の初回に3年ぶりとなるトリプルプレーを完成させた。

 西武は先発・今井達也が初回、1番・小深田大翔に死球、2番・鈴木大地には四球を与え、いきなり無死一、二塁のピンチ。続く浅村栄斗には初球の直球を狙い打たれたが、右翼後方への大飛球を右翼・愛斗が背走しながら好捕した。

 この打球で二走・小深田、一走・鈴木大ともに飛び出しており、中継プレーに入っていた二塁・外崎修汰が二塁ベースカバーに入っていた遊撃・源田壮亮に転送し2アウト目。さらに、源田が一塁・山川穂高に送球し一気に3アウトとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 14日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊さんは「もう、バカヤローとしか言いようがない走塁ですけど、あれだけ気持ちよく間違えるといいですよね(笑)」と小深田と鈴木大の“爆走”についてコメント。「鈴木大はセカンドランナーに引っ張られちゃったんでしょうね。『えっ? ホントに抜けたの?』みたいな」と振り返った。

 同じく解説を務めた大矢明彦さんは「足の速いランナーにありがちなことかもしれない」と指摘しつつ、「守ってるほうもびっくりですよ。『ランナーどこいったんだ?』と」と珍しいトリプルプレーに驚きの様子だった。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西