ニュース 2021.09.03. 08:30

山本昌氏、巨人・小林の守備力を絶賛も「最低打率.230はほしい」

無断転載禁止
巨人・小林誠司 (C) Kyodo News
 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた山本昌氏が、巨人の小林誠司について言及した。

 2試合連続でスタメン出場した小林は高い守備力が売りだが、今季ここまで打率.125と打撃面で課題を抱えている。山本氏は「打率をみるとちょっと低いなという感じがしますし、キャッチャーとはいえチームとしては.250打って欲しいなと。最低打率.230は欲しいなという感じがします」と注文。

 「バッティングが向上してくれれば、肩も素晴らしい、リードも良い、キャッチングも良い小林選手なので、そのあたりを磨いていって欲しいなと思います」と打撃向上に期待を寄せた。1日のヤクルト戦で菅野智之、2日のヤクルト戦でも山口俊を好リードし、守護神・ビエイラの32試合連続無失点にも大きく貢献した。捕手としての能力は高い。課題の打撃をなんとか克服して欲しいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM