ニュース 2021.09.04. 17:05

ソフトバンク、打線爆発で自力V消滅の危機回避 リチャード待望のプロ初安打

無断転載禁止
ソフトバンクのリチャード
2021.09.04 14:00
福岡ソフトバンクホークス 11 終了 4 オリックス・バファローズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 11 - 4 オリックス ●
<19回戦・PayPayドーム>

 ソフトバンクは5回に一挙8点を奪うなど打線が爆発。引き分け以下で自力優勝の可能性が消滅する一戦を逆転で制した。

 ソフトバンクは1-2と1点を追う5回、無死満塁の好機で9番・甲斐が中前2点適時打を放ち逆転。続く牧原も左前適時打を放ちリードを2点に広げた。なおも二死満塁と好機は続き、5番・デスパイネが右中間フェンス直撃の適時二塁打を放ち3人の走者がすべて生還。さらに、6番・中村晃が4号ソロを右翼テラス席へ運び、打者11人を送り込む猛攻で今季最多となる1イニング8得点を記録した。

 6回も1番・牧原の中越え適時三塁打、2番・三森の左犠飛で2点を追加。7回には7番・リチャードに待望のプロ初安打となる中前打が生まれ、打線は8回までに10安打11得点を記録した。

 先発の石川は打線の援護に恵まれ、6回5安打4失点で5勝目(8敗)。7回以降は高橋礼、田中が無失点リレーで締めた。ソフトバンクは投打が噛み合い勝率5割に復帰。首位・オリックスとのゲーム差を5に縮めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西