ニュース 2021.09.13. 06:59

中日、球界最年長の福留が大仕事!真中氏「ほぼ全盛期と同じ打球」

無断転載禁止
中日・福留孝介 (C)Kyodo News
2021.09.12 17:45
中日ドラゴンズ 9 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム

一振りで流れを変えた44歳


 中日が最大4点差をひっくり返し、今季大きく負け越しているヤクルトを相手に逆転勝ち。2点ビハインドの7回に福留孝介が試合を振り出しに戻す同点2ランを放ち、8回のビッグイニングを呼び込んだ。

 福留は「5番・右翼」で先発出場すると、第3打席まで快音がなかったものの、2点差で迎えた7回二死一塁の場面で左腕・田口麗斗の2球目のストレートを一閃。打った瞬間に確信の一発は、バンテリンドーム最深部の右中間スタンドへ飛び込む起死回生の3号同点2ランとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 12日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた真中満さんは「今日のこの当たりは全盛期を彷彿とさせるというか、ほぼ全盛期と同じような打球ですよね。センターの深いところなんで、よく飛んだなというバッティング」と、現役最年長の44歳が放った強烈な一撃を絶賛。

 今季は打率2割台前半を推移しているが「アベレージこそ高くないですけど、やっぱり存在感は抜群ですよね。なんかああいう場面で迎えると、相手からすると気持ち悪いんですよね」と、勝負強い打撃でチームを支える大ベテランを称えた。

 一方、現役時代に投手だった解説の齊藤明雄さんは「(投手は)神経使いますよ。いちばん大事なのはストレートの使い方ですよね」と、投手目線で福留との対戦における注目ポイントを解説。

 齊藤さんは「田口が打たれたのもストレートですよね。振り返って見ると『打ってください』というようなボールを投げてしまったかな。『ベテランにはストレート』と言うんですけど、コースをしっかり考えないと行けないですよ」と、田口の失投でもあった点を指摘した。

 とはいえ、失投を一振りで仕留める福留も圧巻。昇竜復活を掲げる中日には頼もしいベテランがいる。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西