ニュース 2021.09.22. 07:44

広島・床田がプロ初完封!後半戦4戦3勝の左腕に変化?

無断転載禁止
広島・床田投手
2021.09.21 18:00
広島東洋カープ 2 終了 0 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム

後半戦は4試合29イニングで僅か3失点


 広島の左腕・床田寛樹投手が21日の巨人戦に先発し、9回を125球、被安打6、与四死球2という内容で無失点に抑え、プロ5年目で嬉しい初完封勝利を手にした。

 この床田のピッチングに、21日に放送したCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した平松政次さんは「素晴らしいものを持っている。スタミナもあるし、体も丈夫。それでコントロールがいい。いつも完投できるくらいのスタミナはあるし、疲れない投げ方をしているので、もっともっと完投しましょう」とコメント。この日が自身2度目の完投となったが、十分なポテンシャルがあることを強調した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 また、同じく同日の放送に出演した解説者の大矢明彦さんは「今年の後半になって球持ちが非常に良くなった。粘ってボールを持てるので打者はタイミングがとりづらい。コントロールもいいので、このところはどのチームも打てていない」と主張。後半戦に入ってから好投を続けている左腕の変化を指摘した。

 開幕ローテ入りを果たした今季は、初登板となった試合で勝利を手にしたものの、その後は4月、5月と計7試合に登板して0勝2敗と苦しみ、一軍選手登録を抹消されていた。しかし、後半戦に入って8月29日の阪神戦に登板すると、6回無失点と好投し、白星を獲得。その後の3試合はいずれも7回以上を投げて2失点以下というピッチングで後半戦は4戦3勝(1敗)、防御率1.17という好成績を残している。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西