ニュース 2021.09.22. 21:17

安仁屋氏、初回の広島の攻撃に「エンドランすれば…」

無断転載禁止
広島・小園海斗(C) Kyodo News
2021.09.22 18:00
広島東洋カープ 0 終了 13 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 0 - 13 巨人 ○
<20回戦・マツダ>

 22日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた安仁屋宗八氏が、広島の初回の攻撃について言及した。

 広島は0-2の初回、先頭の安部友裕がレフト前安打で出塁するも、続く小園海斗が巨人の先発・戸郷翔征が1ボールから投じた2球目のフォークを打って投手併殺打に倒れた。

 安仁屋氏は「2点先制されていますから、仕方がないんですけど。当てるバッティングはダメですよね。打たされたという感じでしたよね。小園はバントの失敗も多く、ダブルプレーがものすごく多い」とチクリ。

 この場面、安仁屋氏は「エンドランすれば、内野ゴロになりますからどちらかセーフになりますよね。その方が良かったと思いますね」と自身の見解を述べていた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM