ニュース 2021.09.23. 06:44

上昇気流に乗ったツバメが奪首!前回優勝時の監督・真中氏は「ここからですよ!」

無断転載禁止
首位のヤクルト (C) Kyodo News

「これがチームを引っ張る投手の粘り」


 ヤクルトは22日、敵地でDeNAに2-1で競り勝って5連勝。

 他会場で首位・阪神が敗れたため、「-0.5ゲーム差」で単独首位に浮上した。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 この日はエースの小川泰弘が2回に先制点を許すも、それ以降は走者を背負いながらも本塁は踏ませない粘投。

 被安打は3ながら6つの四球を与える苦しい投球だったが、7回まで1失点と見事に試合を作る。

 すると、打線は9回表の二死一・三塁から代打の中村悠平が執念の勝ち越し打。スコット・マクガフが1点のリードを守り抜き、逆転で連勝を5に伸ばした。



 22日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の池田親興氏は、小川の力投について「自分のやらなければいけないことが分かっている」とエースの働きぶりを称賛する。

 このゲームはヤクルトにとって10連戦の6戦目。リリーフ陣の疲弊も気になるところだが、池田氏は「マウンドに上がった瞬間に、調子が良くないというのは見えていたと思う」とこの日の小川について解説。

 しかし、「小川は何をすればいいか考えて投げられる投手。ヒットは3本しか打たれていないのに、四球を6個出したら9人も出ているわけですよ。それでも7回・108球を投げてチームを鼓舞した」と続け、「これがチームを引っ張る投手の粘り」と苦しみながらもベンチの期待に応えた右腕の奮闘を讃えた。


 また、同じく番組に出演した井端弘和氏も、小川については「気持ちが切れなかった」点を好投の要因に挙げ、「私も小川投手とは対戦経験がありますけど、コントロールが悪い時ってストライクを取りに来てくれるもの。その中でこの日の3安打というのは、取りに行かずに我慢強く投げることができた結果かなと」と振り返り、決して勝負から逃げた6四球ではなかったと強調。

 ヤクルトの逆転勝ちについても、「勝つチーム、優勝するチームというのはこういう試合をモノにするんだなという感じ」と語り、「勢いを感じますし、強いなと」と上昇気流に乗るツバメ軍団の好調ぶりに太鼓判を押した。


 なお、この日の番組の進行役を務めたのは、ヤクルトの前回優勝時(=2015年)にチームを率いていた真中満氏。

 首位浮上のニュースに表情は明るくなりながらも、「ここからですよ!気を引き締めて頑張ってほしいと思いますね」と古巣にエールを送った。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西