ニュース 2021.09.23. 17:31

ソフトバンク投打噛み合い3連勝 快投のマルティネス8勝目&14戦連続QS達成

無断転載禁止
ソフトバンクのニック・マルティネス (C)Kyodo News
2021.09.23 14:00
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
● ロッテ 0 - 5 ソフトバンク ○
<21回戦・ZOZOマリン>

 ソフトバンクが首位のロッテに2戦連続で快勝。20日の楽天戦(楽天生命パーク)から続く連勝を3に伸ばし、残る借金は1となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクは初回、4番・柳田がリーグトップに並ぶ27号ソロをバックスクリーンへ運び先制。その後も7番・松田の中犠飛、1番・三森の適時二塁打で3-0とリードを広げた。5回は3番・栗原が16号ソロを右中間席へ運び4点目。7回は5番・デスパイネの中前適時打で5点目を加え、打線は計14安打で3試合連続2ケタ安打とした。

 投げては先発のマルティネスが快投。ストライク先行の投球でテンポ良くアウトを重ね、7回94球、5安打無失点の内容でチームトップを更新する8勝目(3敗)を挙げた。直近は打線の援護に恵まれず5試合連続未勝利だったが、これで5月22日のオリックス戦(PayPayドーム)から14試合連続クオリティースタート(QS=6回以上、自責点3以下)達成と安定感抜群。今季の防御率1.75となった。

 ソフトバンクは投打が噛み合い3連勝。西武に敗れた3位・楽天とのゲーム差は2に縮まり、首位・ロッテとは7ゲーム差となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西