ニュース 2021.09.24. 09:00

真中氏が燕・塩見のファウルを評価したワケ

無断転載禁止
ヤクルト・塩見泰隆
2021.09.23 17:45
横浜DeNAベイスターズ 2 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
横浜
● DeNA 2 - 4 ヤクルト ○
<20回戦 横浜>

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏が、ヤクルト・塩見泰隆のファウルを評価した。

 3-0の4回二死一、二塁の第3打席、DeNAの先発・石田健大が1ボール2ストライクから投じた5球目のストレートをファウルにすると、真中氏は「塩見のファウルなんですけど、1ボール2ストライクからインコースの厳しいところのストレートを逆方向にファウルにする。変化球を頭に入れながらまっすぐに対応している。一見、詰まっているように見えるんですけど、こういうバッティングができるようになるとアベレージが上がってきますよね」と評価し、「変化球をかなりマークしながら、まっすぐに間に合っているということですからね」と続けた。

 結局この打席は空振り三振に倒れたが、ファウルに塩見の成長を感じたようだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM