ニュース 2021.09.24. 10:02

菊池雄星、3回3失点で2戦連続KOも…マ軍は逆転勝利で5連勝、PS進出に望み

無断転載禁止
アスレチックス戦に先発登板したマリナーズの菊池雄星
● アスレチックス 5 - 6 マリナーズ ○
<現地時間9月23日 オークランド・コロシアム>

 マリナーズの菊池雄星投手(30)が23日(日本時間24日)、敵地でのアスレチックス戦に先発したが、この日も4四球を与えるなど制球に苦しみ、3回3失点でノックアウトされた。それでも、チームは逆転勝ちで5連勝。ワイルドカードでのポストシーズン(PS)進出に望みをつなげた。

 3回8安打3失点でKOされた18日(同19日)のロイヤルズ戦から中4日で登板した左腕。しかし、この日も制球に苦しみ、2回に先頭打者の四球をきっかけに1点を先制された。3回も一死から四球を与えると、4番・ゴームズに適時二塁打を浴び2失点目。続くキャンハには左前適時打を許し3点目を失った。

 4回は2番手のラミレスが登板し、菊池は3回3安打3失点でKO。毎回の4四球を与えるなど3回までに72球を要し、2試合連続の3回降板で防御率は4.41に悪化した。

 3回までに3点ビハインドを背負ったマリナーズだったが、3本塁打の一発攻勢で逆転勝ち。敵地で同地区の2位を争っていたアスレチックスをスイープし、19日(同20日)のロイヤルズ戦から続く連勝を5に伸ばした。貯金15となりワイルドカード2位のヤンキースに2ゲーム差に接近。菊池は黒星を消してもらい、7勝9敗は変わらず。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西