ニュース 2021.09.24. 20:03

ヤクルト3年ぶり7連勝で首位ガッチリ 村上自己最多37号、高梨7回0封で3勝目

無断転載禁止
ヤクルト・村上 (C)Kyodo News
2021.09.24 17:30
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 0 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 3 - 0 中日 ●
<19回戦・神宮>

 ヤクルトは投打が噛み合い完封勝利。3年ぶりの7連勝で貯金16とし、首位の座をガッチリと守った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは中日先発・大野雄に対し、3回に2番・青木の中前適時打で先制。さらに4番・村上が、シーズン自己最多となる37号2ランを左翼席へ運びリードを広げた。

 投げては7月7日の阪神戦(神宮)以来の登板となった先発・高梨が、7回100球、5安打無失点、7奪三振無四球の快投。8回以降は清水、マクガフの勝ちパターンで完封リレーを達成し、高梨は4月以来の白星となる今季3勝目(1敗)、マクガフは3登板連続となる23セーブ目(2勝1敗)をマークした。

 ヤクルトは2つの引き分けを挟み、2018年6月以来となる7連勝。五輪後の本拠地・神宮開催ゲームは、これで4勝2分けで6戦無敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西