ニュース 2021.09.25. 06:44

阪神を黒星の危機から救った超美技!解説陣は「2人のナイスプレー」と讃える

無断転載禁止
注目すべきプレーはココ!? (C) Kyodo News

中野はもちろん、坂本あってのプレー!


 セ・リーグ2位につける阪神と、3位で追いかける巨人の直接対決。

 24日に東京ドームで行われた“伝統の一戦”の第1ラウンドは、両者譲らず引き分けとなった。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 阪神は1点を追う9回、巨人のチアゴ・ビエイラを攻め立てると、ジェリー・サンズがあわや本塁打というフェンス直撃の適時二塁打を放って同点。

 そこから逆転とはならなかったものの、裏は一死満塁のピンチを中野拓夢のダイビングキャッチから本塁送球で間一髪アウト。

 最後も中田翔を遊直に斬り、3者残塁でゲームセット。阪神としては「なんとか引き分けに持ち込んだ」というゲームとなった。



 序盤から点の取り合いで試合のポイントは多々あったが、やはり解説陣が唸ったのは9回裏の阪神の守備。

 チームをサヨナラ負けの危機から救った中野のプレーについて、24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷沢健一氏は「すごかったね!」とビックリ。

 「飛び込んで、好捕して、そのままホームへ…というね」とその身のこなしについて触れながら、「それとキャッチャーの坂本もよく捕ったよね」と、ワンバウンドで一塁方向に流れた送球を受けた捕手・坂本誠志郎にも言及。

 元捕手の谷繁元信氏もそれに同調し、「難しいハーフバウンドでしたからね。(ホームベースから)足も離したらダメという場面で」と振り返り、しっかりと本塁をアウトにした坂本に注目。

 最後は「これは中野と坂本のナイスプレー」と、スーパーキャッチの中野はもちろんのこと、2人で作ったビッグプレーだったと強調した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西