ニュース 2021.09.30. 09:00

大西氏、中日・ビシエドを心配「むりやり勝負しにいっている」

無断転載禁止
中日のダヤン・ビシエド
 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された29日の中日-巨人戦で解説を務めた大西崇之氏が、中日の4番・ビシエドの状態を心配した。

 大西氏はビシエドの打席中に「今日(29日)の試合でも良くないですね」とポツリ。良くない原因について具体的に大西氏は「ウィークポイントはインコースなので、そこにいったときに無理やり勝負しにいっている。高橋投手のときもそうでしたが、どうしても後ろが大きいぶん詰まらされる。一番ビシエド選手が打てるチャンスがあるのは、外の腕が一番伸びるところですから、そこにきたときしかヒットにできないんじゃないかなと感じますね」と指摘した。

 この日のビシエドは『4番・一塁』でスタメン出場し、第1打席が遊ゴロ、第2打席が二ゴロ、第3打席が二飛、第4打席が中飛だった。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM