ニュース 2021.10.03. 17:47

広島、本拠地で3連敗…11安打で1得点、森下7回1失点も7勝目はまたお預け

無断転載禁止
広島・森下暢仁 (C)Kyodo News
2021.10.03 13:30
広島東洋カープ 1 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 4 ヤクルト ○
<22回戦・マツダスタジアム>

 広島は今季4度目の同一カード3連敗。先発の森下暢仁投手(24)は7回1失点と好投したが、打線の援護に恵まれず今季7勝目はまたもお預けとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 森下は初回のピンチを1失点で凌ぐと、2回以降は3併殺を奪うなど要所を締める投球。7回120球、6安打1失点、5奪三振4四球と力投したが、この日も勝利投手の権利を得られず1-1の8回から救援陣にマウンドを譲った。

 打線は4回、一死満塁の好機を逸すると、6回は同点に追いつきなおも無死一、二塁だったが、6番・菊池涼が送りバントを失敗したあと、代打・松山は遊ゴロ併殺。7回以降も塁上を賑わせたが、11安打1得点と拙攻が続いた。

 森下のあとを受けた救援陣は、島内、森浦、ケムナがそれぞれ1失点ずつを記録。首位を走るヤクルトに競り負け、6連勝後の3連敗で借金は再び14に膨れた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西