ニュース 2021.10.10. 06:59

中日が土壇場で最下位転落を回避!片岡氏は“代打・渡辺勝”の同点打を賞賛

無断転載禁止
代打で同点打を放った中日・渡辺勝 (C) Kyodo News

「緊張感の中で放った一本」


 神宮でセ・リーグ首位攻防戦が行われている一方、横浜ではセ・リーグ5位・6位の直接対決が繰り広げられている。

 9日の試合に敗れると最下位転落という危機を迎えていた中日だったが、0-2から8回・9回の2イニングで4点を挙げて鮮やかな逆転勝利。意地の勝利で踏みとどまった。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 0-2で迎えた8回、アリエル・マルティネスがバックスクリーンに叩き込む一発を放って反撃の狼煙をあげると、9回も連打で無死一・三塁のチャンス。

 ここでベンチは代打・渡辺勝を送り込むと、この采配が見事に的中。追い込まれながらも、伊勢大夢のフォークが甘く入ったところを逃さずに弾き返し、ライトへの同点適時打。ベンチの期待に応え、試合を振り出しに戻す。

 その後、無死一・二塁から犠打の失敗はあったものの、四球で一死満塁として京田陽太が一塁強襲の2点適時二塁打。この回一挙3点を挙げ、試合をひっくり返した。



 9日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した片岡篤史氏は、逆転劇を呼び込んだ「渡辺勝の同点打」に注目。自身も阪神時代は代打の切り札として活躍した経験から、「代打というのは、4打席のうちの1打席とは全く違うと思ってもらっていい」と、その難しさを強調する。

 加えて、「中日の場合、1年間戦ってきた武田健吾選手がこの時期に戦力外になったりしたこともあって、他人事ではないと思うんですよ」と、今季ずっと一軍に帯同していた選手が来季構想外となったニュースもあって、特にレギュラー格ではない選手は危機感を感じているのではないかと推察。

 「そういう緊張感の中でこういった一本を打てたというのは、非常に大きいと思いますね」と、チームにとっての“大きな一勝”を呼び込んだ一打は、渡辺勝個人にとっても“大きな一本”であったと解説した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西