ニュース 2021.10.26. 20:05

DeNAのドラフト指名選手が試合見学で三浦監督に挨拶 ドラ1・小園健太「横浜はかなり都会」

無断転載禁止
横浜スタジアムでの試合見学を前に三浦監督と集合写真を撮ったドラフト指名選手たち

ファーム施設なども見学


 DeNAから今秋のドラフトで指名を受けた小園健太選手(1位指名)、粟飯原龍之介選手(3位指名)、深沢鳳介選手(5位指名)、村川凪選手(育成1位指名)の4選手が試合見学に合わせ、横浜スタジアム内の室内練習場で、三原一晃球団代表と三浦大輔監督に挨拶を行った。

 今回の試合見学を受け、三浦大輔監督は「試合見学で実際のプロ野球の試合を生で観戦して、(プロ野球選手になる前に見ることできる景色は、)一度きりだと思うので、何か得るものがあると嬉しいです。そして、来シーズンからプロ野球選手の一員として、頑張っていってほしいです」とコメント。ドラフト指名選手に向けてエールを送った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 一方、1位指名を受けている智弁和歌山の小園健太選手は、「横浜はかなり都会だな。と思いました」と率直な感想を述べつつ、ファーム施設のある横須賀に関しては「自分の地元にも近い雰囲気を感じたので、少し安心しました」とコメント。

 また、ハマスタでの練習風景を見学し、「非常に雰囲気がよく、選手の皆さんが野球を楽しんでいるなという印象を受けました」とのこと。さらに、「来季から自分もチームにも上手く溶け込めるのではないかなと感じました」と続け、数カ月後に迫ったプロでの生活に思いを馳せていた。

 対面で挨拶を交わした三浦監督に関しては、「改めて本当に優しそうな方だと感じました」と語り、「体つきが非常に大きく、実際にみる三浦監督はすごいな。という印象を受けました」と感嘆していた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西