ニュース 2021.11.01. 22:08

G岡本がHR&打点王 C鈴木誠は首位打者&最高出塁率 セ個人タイトル確定

無断転載禁止
巨人・岡本和真 (C)Kyodo News

阪神・青柳、中日・柳もそれぞれ2冠


 セ・リーグは1日にレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。

 打撃部門では、岡本和真(巨人)が本塁打王と打点王の2冠。村上宗隆(ヤクルト)は岡本と並ぶ39本塁打で本塁打王に輝いた。鈴木誠也(広島)は首位打者と最高出塁率の2冠。盗塁王には新人の中野拓夢(阪神)が輝いた。

 投手部門では柳裕也(中日)が最優秀防御率と最多奪三振、青柳晃洋(阪神)は最多勝と勝率一位でそれぞれ2冠。ロベルト・スアレス(阪神)は2年連続でセーブ王に輝き、清水昇(ヤクルト)も2年連続で最優秀中継ぎ投手賞を受賞した。

 セ・リーグのタイトル受賞者は以下の通り。

【打撃部門】
首位打者賞:鈴木誠也(広島)打率.317
最多安打者賞:近本光司(阪神)178安打
最多本塁打者賞:岡本和真(巨人)、村上宗隆(ヤクルト)39本塁打
最多打点者賞:岡本和真(巨人)113打点
最高出塁率賞:鈴木誠也(広島)出塁率.433
最多盗塁者賞:中野拓夢(阪神)30盗塁

【投手部門】
最優秀防御率投手賞:柳裕也(中日)防御率2.20
勝率第一位投手賞:青柳晃洋(阪神)勝率.684
最多勝利投手賞:青柳晃洋(阪神)、九里亜蓮(広島)13勝
最多三振奪取投手賞:柳裕也(中日)168奪三振
最多セーブ投手賞:ロベルト・スアレス(阪神)42セーブ
最優秀中継ぎ投手賞:清水昇(ヤクルト)53ホールドポイント
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西