ニュース 2021.11.07. 17:57

阪神、守乱響く 山﨑武司氏「ミスからでしたよね」

無断転載禁止
3回、巨人・吉川のゴロをファンブルする阪神の遊撃手・中野(C)Kyodo News
2021.11.07 14:00
阪神タイガース 2 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
【CSファーストステージ第2戦】
● 阪神 2 - 4 巨人 ○
<11月6日 甲子園>

 阪神はミスが失点につながり、2位・巨人とのクライマックスシリーズファーストステージは連敗で今季の戦いを終えた。

 阪神は2回に2点を奪い先制したが、3回先頭の吉川尚輝が放ったショートゴロをショート・中野拓夢がファンブルで出塁を許すと、このミスをきっかけに松原聖弥、丸佳浩の適時打で逆転を許した。

 2-3の8回も先頭の坂本勇人が放ったサードゴロに三塁・大山悠輔がファンブル。その後、一死二、三塁となりウィーラーに犠飛を浴びた。

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズセ第2戦 阪神-巨人』で解説を務めた山﨑武司氏は「ミスからでしたよね。ミスしないことが短期決戦は大事なんですけど、ミスした方が負けてしまったかなと。そんな気がしますね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM