ニュース 2021.11.11. 07:44

巨人は連勝で神宮乗り込むも完敗…「心配なのは坂本」CS打率1割未満

無断転載禁止
失点につながる遊飛を捕球する巨人・坂本 (C)Kyodo News
2021.11.10 18:00
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 0 読売ジャイアンツ
神宮

真中氏「ファーストステージから内容よくない」


 「2021 JERA クライマックスシリーズ セ」ファイナルステージ第1戦が10日に神宮球場で行われ、リーグ王者のヤクルトが4-0で勝利。ファーストステージを2連勝で突破してきた巨人は、高卒2年目右腕・奥川恭伸に完封勝利を献上した。

 先発の山口俊が初回に5番・サンタナから2ランを浴びるなど3点を失うと、打線はテンポよくストライクゾーンに投げ込んでくる奥川に苦戦。3点ビハインドの5回には一死一・三塁で代打攻勢をしかけるも亀井善行が左飛、八百板卓丸が見逃し三振に倒れ、反撃のチャンスをものにできなかった。

 7番でスタメン起用された吉川尚輝はマルチ安打を放ったものの打線はつながらず、1番・松原聖弥と3番・坂本勇人がともに4打席凡退。上位打線のキーマンが完璧に封じ込まれ、20歳の右腕にプロ初完封勝利を献上してしまった。

 10日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した真中満さんは「心配なのは坂本ですよね」と、シーズン終盤から打撃の状態を落としているチームキャプテンに言及し、「ファーストステージから内容が良くなくて、今日も3ボールから打ちに行ったけどこのバッティング(詰まり気味のニゴロ)。僕から見ていると真っ直ぐ一本でいった坂本にしては寂しいバッティングだなと思った」と、4回一死無走者カウント3-0の場面で、速球に詰まらされて凡退した第2打席を振り返った。

 坂本は10月の月間打率.167と右肩下がりでレギュラーシーズンを終えており、CSに入ってからは10日終了時点で3戦合計12打数1安打の打率.083と不振にあえいでいる。

 番組に出演した大久保博元さんは「本来は大舞台に強い選手だから、開き直る坂本を見てみたい」と復活への期待を寄せ、真中さんも「ジャイアンツが上がっていくには、坂本の状態が上がってくることが必須ですからね。頑張ってほしい」とコメント。

 主砲・岡本和真がコンディション不良で欠場していることもあり、巨人にとっては一日も早い坂本の復調が待たれる。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西